スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

崖崩れ

 なんと全国ニュースにもなってしまいましたが、

 昨日の未明、うちの隣の崖が崩れました

 
 夜中、ずっと強い雨が降り続いていて、

 ゴーっという音や屋根雪の落ちるドサッという音、

 ピキピキ、という不気味な音が一晩じゅうしていたのですが、

 まさか崖崩れが起きているなどとは思わなくて・・・。


 5時ごろからはすごく近くに消防車がたくさん来て、

 何だろうと思いながら、朝仕事をしていたら、

 6時過ぎになって、「ピンポーン」とチャイムの音。


 出てみると、消防署の方で、

 「隣の崖が崩れて、まだ広がるようなら

  ここも避難指示が出ますので、心しておいて下さい。」


 ええ~っ


 驚いて、外に出てみると、

 家の脇のごみステーションの向こう、

 地面なくなってるし・・・

120207_070514.jpg

 
 結局は、私たちに避難指示が出ることはなかったのですが、

 雪と土砂が流れて行った下の家の人たちは

 避難されていたようです。


 道路や家の敷地は一時土砂で埋まったらしいですが、

 幸い、けが人などの人的被害はなく、

 家屋も、物置が一つ壊れただけだった、と聞いて、

 ホッとしました。


 昨日、今日と、復旧工事が続いています。

120207_085411.jpg



 家の2階の部屋から見ると・・・

120208_144138.jpg

 本来なら、両側の白い雪の斜面が続いているはずなので、

 かなりの土砂が崩れて行ったのがわかります。


 ガードレールもぶら下がってしまって、

 春に、家に居ながらのお花見をさせてくれる桜も

 何本か落ちてしましました。


 ここの場所は、除雪車が雪をうず高く積んでいて、

 実は、私はそれを見て、

 「雪の重みで、ガードレールや桜の木が

  曲がったり落ちたりすることはないのかなあ

 と、ひそかに心配していたのですが、

 まさか、地面ごと落ちてしまうとは思いませんでした。


 積まれた雪に、雨がしみ込んで重くなり、

 雪どけ水でゆるくなった地盤を崩したのだろう、

 ということです。


 それにしても、こんな崖っぷちの家に住みながら、

 なんとなく災害は身近では起きないような気がしていたこと、

 甘かったなあ、と反省させられます

 
 車を出すにも、歩いて出るにも、工事の方にお願いして

 工事車両をどけてもらわないといけないような日々が

 しばらくは続きます。


 でも、家もみんなも無事だったんだもの、

 それくらいの不便はなんのそのですよね。




line

comment

Secret

No title

大変でしたねv-399

ただ、直接の被害がなくてよかったです。

確かに、家は平気だろうと思ってしまいがちなんですよね…私もそう思ってます。

意識を高く持たないといけませんね…

No title

mikippemamaさんのおうちは、おそらくその辺りなんだろうあ~と以前から思っていたのですが
やっぱりそうだったんですね。
今回の土砂崩れは、災難でしたが
何よりも小屋ひとつだけが潰れてしまったのは
不幸中の幸い(?)だったかも知れませんね

避難勧告が出るかも知れないと言われて
すごく不安だったでしょう。

道路や歩道のあちこちが、積雪で窪んでいるし
これも危ないですよね。。

>ぢぢさん

ありがとうございますv-238

ほんとに、「自分だけは大丈夫」なんてこと、あるはずはないのに、何故かそう思っちゃうんですよね・・・v-390

心配し過ぎも良くないけれど、備えはしておかないと・・・と実感しましたv-356

>nanaさん

そうなんですよ~。

とりあえず、人的被害がなくて、住居にも被害がなかったことにホッとしました。

それにしても、「避難」なんて言葉、これまでの人生で無縁だっただけに、一瞬うろたえてしまいましたv-393

たしかに、危なそうな所、たくさんありますよね。
とにかく、今年は天候が激しすぎる・・・v-393
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。