スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

奥能登ドライブー2

 奥能登ドライブの続きです

 
 車を更に北に走らせて、珠洲の製塩所へ。

101002_131649.jpg

 昔ながらの、あげ浜塩田法です。

101002_131839.jpg

 硬い田に、2cmの海砂を敷き、そこに海水をまきます。

 太陽と風で砂が乾くと、砂の表面に塩の結晶ができます。

101002_131751.jpg

 その砂を、このように集めて、更に海水をかけると、

 下から塩分濃度の高いかん水が出て来ます。


101002_132020.jpg


 そのかん水を煮詰めて、

101002_132158.jpg

 
 ろ過します。

101002_132224.jpg


 それから、仕上げ釜で炊いて、析出した天然塩をとります。

 塩をとった残りの液体が「にがり」です。

 とった塩は、下部が濾紙のようになっている貯蔵庫に入れて、

 ゆっくりとにがりを落とし、乾燥させます。

101002_133223.jpg

 出来た塩は、なめてみると、まろやかで美味しい

 海のミネラルをたくさん含んでいるのでしょうね。


 にがりは、昔は、豆腐屋さんに卸した残りは

 捨てていたんですって。

 それが、少し前のにがりダイエットブームをきっかけに

 商品化されたのだそうです。


 天然塩とにがりをしっかり購入したあと、

 更に、海岸沿いを北上。


101002_135641.jpg

 ゴジラ岩。

 意外とちっちゃいのね、ゴジラさん

 
 昼食の後、輪島に戻って、宿泊地の健康の森キャンプ場へ。

 旅館やホテルでなく、テント泊というのが、

 我が家らしいところかな・・・

 
 あ、でも、健康の森キャンプ場は、

 とてもきれいで、何故か虫もほとんどいなかったので、

 来年の夏は、キャンプのために来てもいいかも

 
 テントを設営し、寝具もしっかりセットして、

 いざ、白米の千枚田、「あぜの万燈」へ。

101002_184058_20101006142924.jpg

 あぜ道に沿って、3万個のキャンドルが

 灯されています。

 幻想的ですごくきれい


 下に降りて、あぜ道を歩くこともできます。

101002_190408.jpg

 近くに来たので、田んぼ1枚1枚の形が

 よくわかります。

101002_185909_20101006142945.jpg

 斜面はかなり急で、滑り落ちそうな所も・・・。

 こんな所で、毎日、作業をされる農家の方は、

 本当に大変だと感じました

 高齢化がすすんで、後継者がいなくて・・・

 という話も耳にします


 でも、昼も夜もこんなに美しい棚田の風景、

 なんとかして守って行かなくては

 強く思った、「あぜの万燈」でした。
 


 さて、奥能登ドライブは、明日も続きます




 
 

 自分が小学校時代の5年間を過ごした宮崎で、

 小学校の先生になるんだという、

 強い志を持って大学に進学し、がんばっていた1ばんめくんが、

 いま、ちょっと困難な状況に陥っています

 
 なんとか支えて行きたいと思います。

 私がしっかりしなくては です。
line

comment

Secret

No title

w(・o・)wわぁ~綺麗ですねぇ~ 塩じゃないですよぉ mikippemamaさんでもないですよぉって見た事ないし、、、( ̄m ̄*)ププッ「あぜの万燈」 写真上手に撮れましたねぇ。。。

>ラッキーさん

えっと、私も綺麗なんですけど~v-403  おほほ・・・v-410

「あぜの万燈」の写真、携帯にしては、上出来でしょv-361
ありがとうございますv-238
line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
カウンター
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。